プチ整形でえらが改善できる

えらが張っているお顔ですと男性的なイメージが強くなり、性格が強いように見られてしまう事があります。そのため、その角ばった部分を美容整形で直したいというご希望をされる女性が多々いらっしゃいます。これまでは顎を削る手術を行って顎をすっきりと見せる事で改善してまいりましたが、この手術にはお金がかかる上、リスクも高い手術です。また顎を削る事で神経を傷つけてしまったり、術後暫く腫れや痛みが伴う事があり、快適な生活ができない事もあります。所がこれに引き換え、新しい美容整形の手法にはエラボトックスやヒアルロン酸注入といったエラを目立たないようにするリスクの低い、なおかつ効果のある治療方法が用いられるようになってきました。料金的にもリーゾナブルですし、痛みも伴わず、万が一いつか昔のお顔に戻りたいという時にも比較的戻りやすいこの方法はお勧めのプチ整形です。



整形でえらをすっきりさせることができる

顔の輪郭というのは変えられないとお考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし答えは、「可能」です。えらが張っているお顔立ちですと、どうも強情そうな印象を与えてしまいがちなため、女性らしいお顔立ちをお求めになる方は最終手段として整形手術のご相談にいらっしゃいます。手術では顎の骨を口の内側から削りますから外から見てもわかりません。お顔が小さくすっきりすれば表情も明るくなります。しかしご留意いただきたいのが術後は暫くの間痛みや腫れを伴いますからある程度の苦痛があります。そのような痛みがご不安な方は是非ご考慮いただきたいのが切らず、削らずに輪郭の整形ができるヒアルロン酸などの注射です。この場合骨を削るのではなく、頬の周りにふっくら感をつける事で輪郭に丸みをつける事ができます。削ってしまうよりもまずはこういう整形方法もありますから、医師に輪郭手術のオプションを尋ねてみるのもよいでしょう。



えら整形は自然な輪郭を形成しコンプレックスを解消

えらの整形は骨を削って目立たなくします。この施術では顔全体のバランスが非常に重要です。目や鼻などとのバランスを大切にして綺麗な輪郭にします。正面からだけではなく斜め前や後ろ、横から見た輪郭も自然に仕上げます。えらを削ることのメリットは小顔になる、角ばった印象の顔を丸みのある輪郭にすることです。施術時間はおよそ2時間で全身麻酔で行います。抜歯は10~14日目です。全身麻酔なので同時に他の部分の施術も希望することが可能です。フェイスリフトや鼻中隔延長術、眼瞼下垂などです。実際に整形を決めるまでに美容外科でカウンセリングを受けることも出来ます。えらを削ることで皮膚がたるむことはありません。麻酔は日帰りできる麻酔を用いるので入院の必要はありません。また施術によってどのように変わるか知りたい場合はクリニックに来院することで画像で教えてもらうことが出来ます。

頬骨削りは、耳の外側を切開しない独自の手術法です。 笑うと歯茎が出る…そんなお悩みを持つ方も多数いらっしゃいます。 実際に施術をするドクターが時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 骨格を基礎としてお顔全体を改善できるクリニックに。 歯が小さいせいでガミースマイルにお悩みの方でも施術が可能です。 当院は、顔面骨格形成のエキスパートと最適な医療環境を取り揃えております。 モニター割引あり。 えらを整形する方法はこちら