切らずに整形できるえら治療

お顔の輪郭であご付近のえらが角ばっているとどうも男性的な印象を与えがちです。またそうでもないのに、性格も頑固に見られてしまったりする事もあります。女性らしい卵型のあごに憧れて美容整形にご相談にいらっしゃる方も後を立たないようですが、メスを使わずにえらを目立たなくする方法があることをご存知でしたでしょうか。メスを使って子顔にする場合、確かに確実に小顔になってご自身の欲しい輪郭になりますが、術後の痛みも伴います。もし痛みが怖い、というようなご心配があるようでしたら、是非お勧めしたいのが切らずに顔を小さくできるポツリヌス菌やヒアルロン酸の使用です。切らずに輪郭を変えることが可能ですから、即効性があり腫れもありません。また費用もお手ごろな価格でできるため、どんな風になるか少し試してみたいという方には大変好評な治療となっています。

えらの整形について考えてみる

エラが張った顔は、それだけで頑固で我の強いイメージになり、さらには顔が大きいという印象を与えがちになるので、女性なら誰しもが細くて整った顔に憧れます。そこでえらについて考えてみました。えらを小さくするには様々な方法があります。削る手術、ボトックス注射、メイクで輪郭を濃くする、髪型でカバーする等です。中でも整形でえらを小さくする方法が一番効果があり、フェイスラインの変化は横顔を見れば一目瞭然で、すっきりとしたやさしい顔立ちに生まれ変わります。最近の手術は腫れも少ないので、気軽に受けられ短時間で憧れの小顔になれるようで、世の中の女性の強い見方です。コンプレックスがなくなり自信のにあふれた毎日を過ごす手助けになって欲しいですし、もっともっと整形が世の中に浸透して当たり前になったらいいなと考えています。

えらの整形で生まれ変わろう

えらが張っていると顔が大きく見えることからコンプレックスを抱えている人も多く、整形を考える人も多いです。えらの整形によるメリットは下顎角骨を直接削るので、半永久的に効果があります。小顔を効果や鼻が高く見えるようになるなどの効果も得られます。デメリットには今まで横に広がっていた骨が無くなることで頬がたるみやすくなります。手術には非常に高い技術が必要となりますので、医師の能力によっては不自然な段差が残る場合や骨が欠ける危険性も出てきてしまいます。複数のクリニックのサイトや口コミを調べたり、カウンセリングを受けてみたりすることが大切です。費用が安いクリニックは控えた方が良いと言えます。整形のメリットやデメリット、アフターケアなどを隠さず教えてくれること、手術を受けたいと思う人の気持ちを大切に考えてくれる医師を探すことが大切です。